頼れる事務所がある

貯金箱

ストックオプションが設けられたのであれば購入を検討したいところですが、その際どれだけの評価がついているか気になるものです。ストックオプションを設ける企業側もこのストックオプション評価は重要視しています。これはなぜかというとストックオプション評価を査定するためにも費用が生じるからです。会計基準が定められたことによりストックオプションを設定する際には費用が必要になってきたのです。ストックオプションと一言でいっても発行の仕方にバリエーションがあるので一概にはどれほどのストックオプション評価がなされるのか、算定のための費用はどのくらいになるのかはいえません。このストックオプションはたいていインセンティブで付け足されることが多いので、プランを実行するためにも正確にストックオプション評価をし、提案してくれるような会社とパートナーになる必要があります。

ストックオプション評価業務を請け負ってくれる場所といえば税理士事務所となっています。有償ストックオプション評価や無償、どちらの業務を請け負っている税理士事務所もあれば、どちらか一方のストックオプション評価を請け負っている事務所もあるので依頼する際は注意して行ないましょう。ストックオプション評価の報告書を作成してくれますが、ブラックショールズモデルや二項モデル、モンテカルロシュミレーション等など多種多様なモデルで評価してくれる事務所の方が使い勝手が良いといえます。評価や価値を決定するために税理士事務所に依頼すれば当然費用がかかってきますので、20万円程度は見ておいた方が良いです。

Copyright© 2015 投資セミナーも活用して安心投資|インベスターへの道 All Rights Reserved.